本文へスキップ

フィリピン武術 フジ・アーニス・クラブ

アーニスとはARNIS

アーニスとは

アーニスはフィリピンに伝わる伝統武術です。スペイン統治時代にモロ(イスラム教徒)の海賊と闘うためにスペイン人より伝えられたエスグリマと呼ばれるスペイン式剣術に、現地の人たちのさまざまな工夫が加わり、さらに20世紀に入ってから日本やアメリカなどの外国の武術の要素が加わってできた武術です。

イラストリシモ・エスクリマの写真
セブ大学のアーニスの授業

バストンと呼ばれる長さ70cmほどのスティックを使って闘う武術ですが、相手を打つだけでなく、スティックを使って相手の関節を極めたり、相手を投げたりなどさまざまな技法があります。また流派によって違いはありますが、スティックを使った技術は、そのままの動きでナイフや徒手などにも応用ができる万能武術です。

フィリピンでは国技となっており学校教育にも取り入れられていますが、フィリピンの移民が多く住むアメリカでも広く練習されており、近年ではハリウッド映画のアクションシーンにもアーニスの技術を見ることができます。

ここではイラストリシモ・エスクリマで使用する武器を紹介しながらアーニスの概観を説明します。アーニスにはさまざまな流派があり、イラストリシモ・エスクリマは、ブレードでの闘いを得意とする流派ですが、スティックでの闘いを得意とする流派でも扱う武器にそれほど違いはありません。

イラストリシモ・エスクリマで使用する武器


シングル・ソードの写真

シングル・ソード
片手で扱うことができる短い剣を操る技術です。イラストリシモ・エスクリマはブレード・ファイティングなので練習では剣を使いますが、多くの流派では長さ70cmほどのバストンと呼ばれるスティックを使います。このシングル・スティック(またはソード)の技術は、どの流派のアーニスでも一番最初に学ぶ基本の技術となります。


プンタ・イ・ダガの写真

プンタ・イ・ダガ
右手に剣(エスパダ)、左手にナイフ(ダガ)を持つ、スペイン式剣術に由来するアーニスの伝統的な技術です。イラストリシモ・エスクリマではこの技法はプンタ・イ・ダガと呼ばれていますが、多くの流派ではエスパダ・イ・ダガと呼ばれており、またドセ・パレスなどでは剣の代わりにスティックを持つことからオリシ(スティック)・バラウ(ナイフ)とも呼ばれています。


ダブル・スティックの写真

ダブル・スティック
同じ長さの2本のスティックを操る技術です。イラストリシモ・エスクリマではこの技法はプンタ・イ・ダガの技法とほとんど変わりがなく、間合いの取り方が多少変わるだけですが、多くの流派ではお互いに向かい合った状態からさまざまなコンビネーションでスティックを打つ合わせる、シナワリまたはペンキペンキと呼ばれる練習を行います。


シングル・ダガーの写真

シングル・ダガ
1本のナイフを操る技術です。イラストリシモ・エスクリマではこの技法はシングル・ソードやシングル・スティックの技法とほとんど変わりませんが、相手との間合いが近くなるため、単にナイフで相手を突いたり切ったりするだけでなく、空いている手で相手の手や腕をつかんで手首やヒジの関節を極めたり(ジョイント・ロック)、相手の武器を奪ったり(ディスアーム)します。


パンガムトの写真

パンガムト
自分は武器を持たずに、素手で武器を持った相手を制する技術です。シングル・ダガと同じでジョイント・ロックやディスアームが多用されるほか、シングル・ダガとは違い両手が自由に使えることから、相手を固めるトラッピングやテイクダウンなども多用されます。また、これらの技をかけるときに目つぶしやヒジ打ち、ヒザ蹴りなどもよく使われます。


ドス・マノスの写真

ドス・マノス
カンピランと呼ばれる長刀や長棒のような、両手で扱う武器を操る技術です。イラストリシモ・エスクリマではこの技法はシングル・ソードの技法とほとんど変わりませんが、ネグロス島に伝わるタパドやバリンタワク・エスクリマから派生したバナテ・エスクリマのような、長棒独自の技法を持つ流派もあります。